脱毛前後の飲酒について

MENU

脱毛前後の飲酒について

最近ではサロンで脱毛が人気となっており、レーザーや医療脱毛など多くの種類が出てきています。自分で行う自己処理は、自宅などで簡単に行うことが出来ます。しかし、処理した後もすぐに新しい毛が生えてきてしまいますが、サロンで施術を受けると1〜2ヶ月は新しい毛が生えてこなくなります。施術の回数を重ねていくと、最終的には毛が薄くなり、処理をほとんどする必要がなくなるのです。

 

これはとても良いことであると思いますが、施術の前後には気を付けなければいけないことも多くあるのです。よく注意されることは飲酒であると思いますが、サロンでの施術の前後では飲まない方が賢明です。その理由は血行が良くなって体温が上がるためです。体内にアルコールが残っていると、血行が良すぎて、脱毛後に赤み・かゆみが出たりすることがあるのです。

 

また、施術中に痛みも感じやすくなる場合もあるのです。施術中は、特に痛みなどを感じないことが多いのですが、その後も肌は影響を受け続けています。脱毛の後には乾燥や痒みを感じることが多く、服との摩擦や化粧など、いつもなら何でもないことでも脱毛後の肌には刺激となってしまうことあります。このようにアルコールは脱毛によって弱っている肌に追い討ちをかけることになってしまうのです。脱毛の後は飲酒を控え、しっかりと保湿をすることが大切です。弱ってしまった肌を回復させるためにも、施術後のケアは念入りに行ってください。